Syumizin / 茶藝館

syumizin.exblog.jp

いよいよ...

実家の土地が売れ、とうとう家の中を空っぽにしなくてはいけなくなった
昨年何度も整理しに行ったけど、ブリキの衣装缶の中には母の着物類
ミズヤには処分しきれなかった食器類、捨てるのに忍びない物が残してあった
今日のお昼頃、業者がトラックで来るとの事で朝から出かけた

妹二人と弟の総勢四人、欲しい物があったら持って行ってと弟が言ったが...
記念になるものを一つ...これで十分だと思った

入り口の板の間の作業場は、すでにゴミ袋に詰められた衣類他が山を作っていた
押し入れの中、二階の衣装缶、犬小屋、せっせと空にして行く
お昼過ぎに業者が3人やって来て、効率よくトラックに積み込んで行く
ゴミ袋に詰められた母の着物が痛々しい
結局一度でトラックには積み込めず、再度来てもらう事になった

全て終わって私が手にした物は、古びた桐の箱に入ったお茶道具と着物の端切れ
荒れた裏庭からシダを1株、枯れかけたシュンラン1株を連れ帰った
シダは居着かないと思われるが、シュンランは何とかなりそうな気がする

更地になる前にもう一度行けるかな、主人も最後に一度見ておきたいと言った




■歩き慣れた道
b0027736_20412746.jpg

[PR]
by syumizin | 2012-04-07 21:17 | 暮らし | Comments(0)