Syumizin / 茶藝館

syumizin.exblog.jp

ダブルヘッター

いくら元気な私でも少々へこむ...(T_T)

土日と体調が思わしくなかった主人は、月曜日を待って近くの医者に...
紹介状を貰い、タクシーで国立病院に向かった、虫垂炎か腹膜炎との診断だ

息子は国立病院で問診を受け、10日に検査となった
息子が帰宅すると、主人の「手術になりそうだ」と言うメモが残されており、私に連絡が来た

只ならぬ気配に、休憩も取らずまかないを食べ、翌日のランチの仕込みを開始
途中で主人から連絡が入り、家族が来ないと手術が始められないとのこと
仕込みもそこそこに、タクシーに飛び乗って病院に向かう

病室では主人が点滴を受け、早い方がいいとのことで執刀医の先生に説明を受けた
主人は点滴のスタンドを引きながら看護士さんと手術室に向かう
私も手術室まで同行し、病室に戻って手術が終わるまで待機する事になった
息子とは連絡がつかず、何かあったのかと不安になったが...
疲れてうたた寝していたらしい、留守電を聞いて飛んで来た

二人で待っていても意味が無いので、入院用の寝間着など買いに行って貰う
カードも持たず、お札は定期券にチャージしたばかり、こんな時に限って...
それでも入院の回数を経験していると、緊急か後日でいいかの判断が出来る
外を眺めると初夏の空、市役所の時計塔とテレビ塔が見える

主人は2時間半ほどで病室に戻って来たが、酸素マスクをつけ唸っている
かなり痛そうで、拳をグッと握っている、見ているのが辛い
看護士の方は、さっきよりは楽になったはずですとおっしゃるが...
体の向きを変えたがり、ベッドフレームにしがみつく度にデータの波が大きく揺れる

主人は急性虫垂炎とのことだが、すでに盲腸は小爆発、膿みが回りにあったらしい
脇にも膿みがあるかもしれないのでチューブがさしてある、合併症の心配があるので
入院は2週間、主人の盲腸は、いつも手入している砂肝に似ていた
1時間ほど付き添って、少し落ち着いた所で病室を出た
バス停でバスを待ち、家に着くと9時を回っていた...ふ〜

息子は気にするなと言ったが、食事だけはきちんと食べて欲しい
食べる様子を見ながら、入院の準備を始めた
記入する用紙が3枚あり、集中力が途切れる前に完成
ここでやっと自分の食事だが、時計は11時を回っていてビックリ
何かに集中すると時間の流れは一気に加速度を増す

火曜日の朝は息子と二人で同じバス
息子は私よりの一つ手前のバス停で降り、主人の病院に向かう
入院の準備は怠りなし!
私は職場に向かい、いつも通りのランチの準備、この日も休憩無しの作業で終了
そのままタクシーに乗って病院に向かった
主人は丁度ガーゼの交換の時間で、半身起こして座っていた
お水とソフトドリンクはOKとのことで、給湯室から冷たいお水を持って来た
美味しそうにゆっくりと飲み干す、コーヒーはまだダメとのこと
すでに少しだけ歩行訓練をしたと言う、昨日の今日なのに?...

よろこんではいられないが、息子が仕事を辞めたので今の所は助かっている
先々のことは、その都度考えようと思う、人生最大の苦境になるかもしれないが
心配していても始まらない、明日のことは明日考えよう...p(^_^)q




■またもや...
b0027736_1932074.jpg

[PR]
Commented by matoryoshka at 2012-07-04 21:26
読んでいるだけでこちらの息が上がってくるようです。どうか一日も早く皆様に平穏な暮らしが戻ってきますように、と心よりお祈りいたします。町子さんが倒れてしまわないように、少しでもホッとできる時間を持って下さい。いつも私は町子さんの文章に勇気付けられています。
Commented by at 2012-07-05 00:07 x
祈ってます。
Commented by michi at 2012-07-05 02:18 x
わたしも 祈っております。
Commented by syumizin at 2012-07-05 08:49
激励のお言葉、ありがとうございます m(_ _)m
さすがの私も、試練の時と受け止めました
ここ数年、主人が助けてくれていた家事のこと、感謝とともに実感しています

さてそろそろ出勤準備、主人からの電話で、サーモスに氷入りアイスコーヒーと
氷入りのお水を息子に持って行ってもらいます
昨日から4人部屋に移り、トイレも自力で行くそうです (^_^)
Commented by hiyohiyo at 2012-07-05 19:38 x
町子さん、心が満杯になったら泣いてくださいね。
町子さんが心配ですが、いつも町子さんのブログはプラス思考で、町子さんの育てる植物は緑が生き生きしてます。
きっと大丈夫。
母が開腹手術をしたことがあって、そのときの話を聞いたときには「最初の24時間が一番痛くて大変だ」って言ってました。
ご主人もこの24時間を耐えればきっとよくなってきますね。
応援しています。
Commented by syumizin at 2012-07-05 22:28
やさしい言葉、ありがとうございます
どんな事態も、受け入れてからじゃないと解決できませんものね
出来る事から片付けて行く...って感じかな?

ほんと、主人も手術当日の夜が一番キツかったようです
私は出産以外で入院の経験も手術の経験もないので
経験者の息子の方が主人の気持ちが分かるようです (^_^)
Commented by 信子 at 2012-07-06 13:25 x
町子さんにパワーを頂いている日々です。
何倍にもして恩返ししたいです。
微力ながら両手を合わせて祈っています。
Commented by syumizin at 2012-07-06 21:03
信子さん、ありがとうございます
さすがの私も少し息切れ気味ですが...(^_^;)
あちこちから激励のパワーを感じます、ほんとうにうれしいです
by syumizin | 2012-07-04 19:57 | 暮らし | Comments(8)