Syumizin / 茶藝館

syumizin.exblog.jp

何から始めよう

朝、布団の中で考えた、今日は何から始めよう...考えをまとめて起き出す
朝食の片付けをしながら、シンクの背面の棚の片付けから始めた
棚のタッパウエアを下し、中身をチェック、賞味期限切れは可燃ゴミの袋にポイッ
ダイニングでやっていたら、主人がおもむろに台所で何か始めた、このタイミングで?
ジャガイモ、人参、タマネギを使うってことは...カレーの仕込みだ!
これで暫くはシンクには近づけない、ゆっくりとしか動けない主人は人が近づくのを嫌う
まして包丁を手にしている時は危険度アップ、様子を見て切りが付くのを待った

30分ほどして、豚バラ肉のブロックの解凍はどうしたらよいかと聞かれたので
時間はかかっても流水解凍が一番と答えると納得した様子、居間で読書を始めた
私は急いで台所に戻り作業再開、赤いシールの空のタッパウエアが山積みになっていく
棚板4枚分の収納量はかなりの量だが、頻繁に使っている調味料や乾物類は意外に少ない
お試し価格のフレッシュパック(容器)を買ってみたが、収容量が少なくて使い道が...
手持ちのWECKを出して来て洗浄、頻繁に開け閉めするなら白いカバーで十分かも
一通り全ての容器を空にして洗い、乾燥するのを待つことにする

その間に豚バラ肉のブロックも7割方解凍、厚めに切ってガーリックオイルで表面を焼き
野菜の入った鍋に投入、スープを足してスパイスとバターを加え、軽く煮込んで火を止めた

ここから片付けの作業再開、湯沸かし器の無い我が家では、やかんでお湯を沸かして使う
耐熱ガラスのWECKや金属製の容器は、お湯の温度を気にせずに洗えるのが良い
お茶の缶、紅茶缶、あれもこれもまとめて洗った、明日まで待って完全に乾かそう

カレーにルーを入れ、軽く煮込んで夕食は完成、豚バラ肉のカレーは牛ほどクセが無い
夕方近くなり主人はお米を研ぎ始めた、料理作りはリハビリにもなり気持も前向きになる
そして、美味しい料理のおまけ付き (^_^)

WECKの料理本は視点が違って面白い、お菓子や煮込み料理など、WECKで作って
煮沸して保存するという発想の転換に興味津々、そこまでしなくても...とも思うが




■ WECKの料理本と、FLORAの生地
b0027736_1324721.jpg

[PR]
by syumizin | 2014-03-15 16:22 | 暮らし | Comments(0)