Syumizin / 茶藝館

syumizin.exblog.jp

まずまずの出来♪

昨日WECKで作った「鶏ムネ肉のハーブ蒸し」は、脱気したので室温での保存が可能
でも今日のお昼にさっそくいただく、ガラスのフタを押さえ、パッキンを横に引くと...
シュッ!と言う音と共にフタがわずかに浮いた、これが完璧に脱気した証拠だ
一度フタを開けたら早めに食べなくちゃね、初めての脱気は上手く行ってホッ (^_^)

脱気してみて気付いたのは、深めの寸胴とグラスリフターがやっぱり必要だと言うこと
さっそくネットで寸胴探し、大きすぎる必要はないが、ある程度の深さは欲しいところ
税込み送料込み3390円の、24cmの業務用アルミ製の寸胴を見つけたので速攻ゲット!
お店で業務用の道具類を使っているので、家にある道具が小さく思えていけない
昨年鍋類を整理した時にアルミの寸胴を残しておいたのだが、深さが足りず使い辛い
やはり今回古い寸胴は処分する事にした、実は私達の結婚式の引き出物だったのだが...
40年前、ヒンシュクを買いつつも引き出物はコレにしたいと父にお願いしたのだった
道具にもそれぞれ思い出がある

グラスリフターは買おうと決めていたので、買い足し分のWECKと合わせて注文した
まさか、また保存食作りにハマるとは思わなかったが、昔と違い経験値はアップした
上手く使い込めるはずだ...と思う(笑)無駄遣いと言われないように頑張ろうp(^_^)q

そして可愛いアイテムを一つ増やした、マグネット付きのマスキングテープホルダーだ
保存瓶には日にち等の表記が必要になる、マスキングテープは剥がしやすいので最適だ
マグネットのパワーが弱いので期待薄だが、スチールの棚に固定することは出来る♪

そうそう肝心の「鶏ムネ肉のハーブ蒸し」だが、おかずというよりは前菜に向いている
鶏ムネ肉2枚はしっとりと蒸し上がり、タイム、ローズマリー、レモンの風味が利いている
生姜の風味は弱かった、タイムとローズマリーが鼻に抜け、レモンの酸味と塩気が良い
トマトを添えてマヨネーズを絞り、ノビルの葉をチャイブに見立ててパラリ
お皿のお陰でワンラックアップ、ワインでもあれば...ってところでしょうか




■鶏ムネ肉のハーブ蒸しは...◎
b0027736_11473075.jpg


■ニューアイテム
b0027736_11472417.jpg

[PR]
by syumizin | 2014-04-06 12:59 | 暮らし | Comments(0)