Syumizin / 茶藝館

syumizin.exblog.jp

お茶を愉しむ


■ひさびさに、聞香杯で台湾烏龍春茶

 ひんやりと冷え込んだ雨の朝、一雨ごとに秋が深くなって行く、こんな日は温かい飲み物を楽しもう
 主人も足先や指先が冷えるようなので、10時のおやつは聞香杯で台湾烏龍茶を楽しんだ、お茶請けは
 生協の黒糖入り練り羊羹、黒糖のコクと控え目な甘さがお茶と良く合う、飴釉の小さな急須は醤油さしだが
 一目見て中国茶用にしようと決めて買った物、急須の中まで釉薬がかかっているので匂いは染み込まないので
 時間の余裕が無い時には最適だ... (^_^)
 
 最初に熱いお湯を急須に注いで温め、こぼしてから茶葉を入れる、1煎めのお湯はこぼし、2煎からいただく
 まず背の高い茶杯に注いで平たい茶杯に移す、空いた背の高い茶杯の香りを楽しみ、そしてお茶をいただく
 そこそのの茶葉なら4煎めくらいまで楽しめる、時間がある時はゆったりした気分でリラックス出来るのが良い
 良いお茶になると、1煎ごとに味や水色が変わり、甘味や香りの余韻が長く残る


b0027736_13115159.jpg
[PR]
by syumizin | 2015-09-17 13:42 | 暮らし | Comments(0)