Syumizin / 茶藝館

syumizin.exblog.jp

カテゴリ:暮らし( 1203 )

目が覚めたので...

何だか蒸し暑くて眠りが浅い
夕食がパスタだったのでお腹が空いていたこともあるけど...
ゴソゴソ音をたてるとまずいので
そっと外に出て空を見た
まだ新聞も配達されない時間だ
空が濃いブルーから明るいブルーに少しづつ変わり
東の地平線から徐々にピンクに染まって行く
毎日こんな風に繰り返される美しい光景
たまには早起きも良いものだと思った


b0027736_143861.jpg

[PR]
by syumizin | 2009-07-12 14:49 | 暮らし | Comments(2)

父、旅立つ

父が83歳の人生を全うして天国に旅立った
あちらの世界はどうだろう...
今頃きれいなお姉さんを侍らせてニコニコしてるんじゃ...
先に行ったお爺ちゃんと上手く会えたかな?
残された私は、時々空を見上げてそんな空想をしてみる

旅立ったのはこちらから
鬱蒼とした緑に彩られた檀家の崇覚寺
モミジの若葉が風にそよぎ、シジュウカラの声が響いていた


b0027736_2115293.jpg
b0027736_21172134.jpg
b0027736_2119127.jpg

[PR]
by syumizin | 2009-05-24 21:40 | 暮らし | Comments(2)

記憶の欠片

昨日も実家の片づけに出かけた
処分すると思い出も一緒に消えてしまうようで何だかせつない
母の若い頃の着物は袖を通した気配のないものも多く
嫁ぐ時にお婆ちゃんが持たせてくれたものだと言う
布団用の朱に錦糸の鳳凰の織りの反物まであった
母は自分で処分するのは辛いと言っていたが
全て捨てられるのではと心配になったようで時々見に来た
二人で片付けていると昔の話が聞けるのが楽しい
妹が七五三で水溜りに落としたはこせこのこと
着物に付いた染みのことまで・・・
そして包んであった松坂屋の包装紙が興味深い
黄色と黒の色合いも焼けていないので鮮明だ
うっすらと読めるスタンプの日付けは32年
52年前の私は7才・・・
一気にタイムスリップしたような気分になった





b0027736_955668.jpg
b0027736_961247.jpg

[PR]
by syumizin | 2009-04-03 10:29 | 暮らし | Comments(2)

思い出を持ち帰る

昨日も実家の片づけに出かけた
父が入院し、父と母の生活も今まで通りと言う訳には行かない
明治に建った古い長家なので、家の中には危険がいっぱい
高齢の母が一人で暮らすのも心配だ
妹と弟が相談して、不要な物を処分することに決めたとのこと
それぞれが都合の良い日に片づけに出かける
ゴミ出しの前日が良さそうだ

■母が一人で持って集積場所まで運べる重さにすること
■毎週通ってこまめに片付ける
■ゴミ袋と昼食を持って行き、母の話し相手をすること
こんなことを心掛けることにした

私の担当は台所の食器戸棚...すでに決められていた
最大8人家族だったこともあり、食器類が尋常じゃない量だ
引き出物類は倉庫に運搬済みなので、日常の食器類から処分する
勿体ないと言う母を横目に、そっとゴミ袋に入れて行く

私は大好きだった貫入の鍋用の取り皿を二つだけ貰うことにした
そんな古いもの...と母は言ったが、私にとっては大切な思い出



b0027736_2044035.jpg

[PR]
by syumizin | 2009-03-12 21:29 | 暮らし | Comments(2)

癒しのスペース

テレビアンテナの工事のおかげで
差し込み口を塞いでいる本棚を動かすはめになった
おまけに工事が終ったらその日の内に戻さなくてならず...
本棚から本をコタツの上に移動してみると本屋の平台状態だ
パートに出かける前に移動して、パートから戻って再移動
朝から動き回ってあっという間に一日が終った

それでも2年分の本の整理と部屋の隅々まで掃除が出来た
勢いに乗って箪笥やラックの整理もしたので気分もスッキリ!
7個のゴミ袋は頑張った証だ
あちこちに積んであった本のケルンは消え、風通しも上々
本棚前の椅子に腰かけてゆっくりと本も読めるぞ
癒しのコーナー出現でちょっとうれしい

b0027736_18313569.jpg

[PR]
by syumizin | 2009-01-29 19:09 | 暮らし | Comments(4)

貯金の極意

十数年ぶりに宝探し
と言っても自分が隠しておいた500円玉貯金だけど...
もずの早贄(はやにえ)のように、いざと言う時の貯えだ
硬貨の数がまとまったら視界に入らない場所に隠し、記憶からも消しておく
貯金のポイントはあてにしないことだろうか
記憶力がモズ並みの私には最適な方法だ
集める時のお楽しみも付いて来る

昨日をそのお楽しみの回収日と決めた!
押し入れに潜り込み、箪笥を開け、引き出しの中を探す
古い記憶を辿りながら30分余り...
238,000円のお宝を回収!何と言ってもその重みに感動(笑)
日々の積み重ねはなかなかのものだ
大きな貯金箱(銀行)に預けちゃったので
また明日からモズの早贄貯金を再開しようっと p(^-^)q


b0027736_11203171.jpg

[PR]
by syumizin | 2009-01-20 12:09 | 暮らし | Comments(6)

新しい年に新しいもの

子供の頃の新年の迎え方は
その一、大晦日の入浴時に新しい下着を身につける
そのニ、新しい服を着て元旦を迎える
その三、新しいお茶碗とお箸でお雑煮をいただく
...とこんな感じだった

結婚して数年は同じように続けたものの
茶碗も割らず、箸の数も徐々に増えて行った
そしていつからか、茶碗は正月用のお気に入りの塗のお椀に
箸は正月用の箸袋に入った柳箸にと変わって行った
下着の風習だけは未だに我が家に残っているが...

今年は新年を迎えるのに新しいものが何も無いのは寂しいので
コーヒーポットを新調、気に入ったPYREX社のコーヒーポットには
ステンレスのシンプルなドリッパーがセットされている
使い勝手は果たしてどうだろう...

b0027736_132593.jpg

[PR]
by syumizin | 2009-01-06 13:33 | 暮らし | Comments(2)

プロヴァンスの蝉

南フランスに旅した友人がくれたスーベニールは
蝉がワンポイントの個性的なスパイスボトル
明るい黄色はプロヴァンスの日差しの色かな
蝉は象徴的な幸運のアイテムらしい
どんな蝉なんだろう、そしてどんな声で鳴くのかな
パリからリヨン辺りの北仏では気温が低いので蝉はいないとか
肝心のスパイスは有名なエルブ・ド・プロヴァンス
数種類のハーブのアレンジで魚介料理に向いている
どんな料理に使おうかな...
クンクンと匂いをかぐとお腹が空いて来る

b0027736_23585486.jpg

[PR]
by syumizin | 2008-06-26 00:12 | 暮らし | Comments(0)

母の日

母の日ってことで...
息子に貰ったハーゲンダッツ・ミルフィーユ
相変わらずながら、好きな物はうれしい♪

お気に入りの赤いミニバラを生けて
役目を終えた手編みのアクリルタワシも一緒にパチリ!

ダイニングでは夕食の炊飯土鍋がシューシューと音を立てている
さぁ、もうひと頑張り

b0027736_1644285.jpg

[PR]
by syumizin | 2008-05-11 16:57 | 暮らし | Comments(4)

気合いを入れて

週二日のお休みもあっという間に終り
今日からまたパートの日々が五日間続く
気持ちを引き締めて、忘れ物が無いかチェックして...

では、行って来ま〜す!

b0027736_14571933.jpg

[PR]
by syumizin | 2008-05-09 15:50 | 暮らし | Comments(5)