Syumizin / 茶藝館

syumizin.exblog.jp

<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

枕カバー

初夏の陽気で気分一新!
カバー類を変えるぞ〜と気合いが入る
まずは簡単な枕カバーから手始めに...
サラッとひんやりのリネンが初夏には相応しい
袋状のものじゃなく、何枚も作ってタオルみたいに
毎日取り替えてザブザブ洗えるものがいいな
旅館の枕カバーが理想的だとふと思った
それぞれがタイプもサイズも違う枕を使っているので
まずは主人のものをミシンで縫った、筒状なので簡単だ
布用のスタンプインクで名前を入れたけどiとlを間違えた
でも使い心地が良ければ何のも問題はないはず...よね
ストライプのリネンはハンカチのつもり
吸水性もあって気持ちよく使えそうだ
b0027736_15304.jpg

[PR]
by syumizin | 2005-04-30 01:27 | 作る | Comments(0)

思い出の味

ずっとずっと探していたもの
二度旅したイギリスで毎日飲んでいた紅茶
泊まったB&Bの部屋では、まぁるい剥き出しのティーバッグと
クリープのパック、インスタントコーヒーのパックがセットされ、
傍らには電気ポットが必ず置いてあった
そのまぁるいティーバッグがずっと気になっていたが
パッケージが無いので商品名も分からず終い...

記憶の片隅にひっそりと眠っていた思い出の味も
十数年前と違い、ネットで捜せる便利な世の中になった
いろいろ検索して何とか探し当て、懐かしい紅茶と再会できた
その廉価なティーバッグはクセのない味で水が違っても十分美味しい
ミルクは低温殺菌牛乳を使うとよりイギリスの味に近づく
慌ただしい朝にはぴったりで、大きめのマグでたっぷりとね
6月の花の季節、思い出も蘇ってくる

b0027736_0512524.jpg

[PR]
by syumizin | 2005-04-28 01:31 | 口福 | Comments(2)

一日ベランダ

この季節、駆り立てられるように園芸作業
一日中ベランダで植え替えの日々だ
幸いなことにカナブンの幼虫は見当たらず、
鉢の下に隠れてるダンゴムシに会っただけ
手あれも引っ掻き傷も気にせずニヤつきながら植え替えている
それでも一息いれたくなると美味しいコーヒーを入れて
植物を眺めながらのコーヒーブレイク
晴耕雨読ではないけれど、贅沢な自由時間だと思う

今は満月が煌々とベランダの植物を照らしている
静かで穏やかな夜だ

b0027736_027367.jpg

[PR]
by syumizin | 2005-04-24 00:47 | 季節 | Comments(0)

不思議な色

花粉にも負けずベランダで土いじり
今しか出来ない事、今しなくちゃいけない事...植物は待ってくれない
やがて来る蒸し暑い名古屋の夏に向けて、体力をつけてもらわないとね
ホントは、毎日の成長がうれしくて何度も眺めてしまう
冷たい冬はひたすら土の中の根を張り、地上部では耐えていたんだものね
春に目覚めるエネルギーは感動ものだ
そして、このセリンセの色の素敵なこと...
b0027736_025120.jpg

[PR]
by syumizin | 2005-04-19 00:36 | 植物 | Comments(2)

桜の次は...

園芸作業も最盛期...小さな小さな猫のひたいだとしてもね
晴れれば日差しが強くてきびしいし
花粉のおかげでクシャミの嵐
それでも、「今」しかないと言う使命感で頑張ってみる
家の事はそっちのけで朝から日暮れまでのフル稼動だ
でも、きついのは「今」だけ...と思考を転換すれば
それも楽しんでしまおうと思える
こんなお気楽な性格でよかったなぁ
咲いてくれた花とは一期一会
写真、気に入ってくれたかな


b0027736_124386.jpg

[PR]
by syumizin | 2005-04-13 12:21 | 植物 | Comments(0)

モノクローム

朝には雨も上がったがぼんやりした一日だった
ベランダの植物たちは適度な湿度でうれしかったかも
日毎に変化する植物を観察するのは面白い
寄せ植えの野菜たちも収穫せずに見とれてしまう
コールラビの紫色の球形は茎をのばして花を咲かせている
チシャは少しだけサラダに拝借したけれど...
イングリッシュデイジーの薄い花びらが少し透けて見える
夕暮れの野原みたいに見えるモノクロームの写真

b0027736_045244.jpg

[PR]
by syumizin | 2005-04-08 01:04 | 癒し | Comments(0)

尽きない悩み

きちんと整理したいものに刺繍糸がある
とは言え、仕舞いこむのではなく即座に始められる機動性も欲しい
不可能は承知だが、何とか解決してスッキリしたいのもの
フレメの花糸はどうするかほぼ決めた
DMC他の手持ちの刺繍糸はこんな感じでどうかなぁ
アンティークの木箱はフランスからやって来たらしい
蓋がそって隙間があるのもご愛嬌だ
溝が切ってあるのは、何かを差し込んで整理していたようだ
脇に数字がふってあるのが何だか可愛い

私は昨年のムーミンのカレンダーを幅に合わせてカットして折り
両面テープで補強して糸巻きを作って差し込んでみた
色番は糸巻きに貼ったので紛失しなくて具合がいい
見た目はきれいだが、果たして使い勝手はどうかなぁ...
必要な糸はカットしてチャックシールの袋に入れることになりそうな...
それだと今の状況とあまり変わらないんだけどね
b0027736_0411526.jpg

[PR]
by syumizin | 2005-04-02 01:03 | 好物 | Comments(8)