Syumizin / 茶藝館

syumizin.exblog.jp

主人の入院


昨日は朝8時にタクシーの予約を入れ、家族揃って名古屋救急医療センターに向かった
受付してカルテ等を受け取るまで1時間半あまり...続いて入院先の病院に向かう

病院の入院手続きは10時半までだったので少し焦ったが、15分前に病院に到着してホッ (^_^;)
マスク着用で受付の端っこのシートに腰掛けて呼ばれるのを待った...ここでも30分待った
記入用紙に書き込み終えて提出すると、しばらくして担当の看護士さんが迎えに見えた

案内されるままついて行く、病棟は6階にあり、厳重なドアの横には来客用のマスクの自販機があった
私と息子は自販機でマスクを買い、装着し方のレクチャーとチェックを受けてから病棟内に入った

次々に担当医の方が挨拶にみえた、看護士の方が記入用紙を持って見えて主人はせっせと記入した
検査用の採血や血圧、体温の測定が手際よく行われ、常備薬の有無などの質問もあった
私と息子は横で見ているしかする事がない、何と言っても暖かい室内で締め付けるマスクが蒸し暑い

一通り終わると、担当医の先生のお部屋で質疑応答と治療の行程をうかがった、入院する期間はたぶん
1〜2ヶ月ほどでしょうとのこと、1ヶ月間は病棟からは出られないので、必要なものは私が運ぶ

私たちは一旦病棟から出て再度病棟に入る時には新しいマスクを買って装着しなくてはいけない
昨日は息子が売店まで行って飲みものを買って来てくれたので、マスクを2回購入した
小さな冷蔵庫とテレビはテレビカードを買って作動させる、主人は不要と言ったが息子が気を利かした

12時になり病室に食事が運ばれて来た、主人は冷やしきしめんを美味しそうに食べた (^_^)
洗濯物は持ち帰って洗濯が可能なので、週2回くらいでどうかと思っている...様子を見ながら決めよう
主人にお腹が空いているだろうから帰る様に促され、病室を後にした

最寄りの地下鉄近くのサイゼリアで息子と二人で遅いランチ、食べ終わると少し疲れたのがわかった
イオンタウンで、50枚入りの箱もののマスクと小さなゴミ袋を買い足して来たく、ほぼ3時だった
主人の部屋のカバー類を外して洗い、古い衣類をゴミ袋に投入、お天気を無視してベランダに干した

息子が夕飯はラーメンでいいと言ってくれたので、白菜、ネギ、豚バラを炒めて味噌ラーメンにした
台所の片付けを済ませると眠くなってきた、10時になったのでゴミステーションの鍵を開けに行き
布団に横になったらあっという間に朝だった (^_^) 息子も同様で...昨日は一日お疲れさま





■昨日は持って行った本を開く余裕はなかった...当然ながら...

b0027736_14215802.jpg







by syumizin | 2018-09-13 15:09 | 暮らし