Syumizin / 茶藝館

syumizin.exblog.jp

昨日は主人の病院に

主人が12日(水)に入院し、翌日から主人の部屋の片付けに取りかかった、何年も使わない物や
着そうにない衣類など少しずつ断捨離、布団は陽に当て、カバー類を洗濯すると気分もスッキリ♪

主人の部屋の押し入れに仕舞ってある羽布団のケースを出し、羽布団にも風を入れた
入院前は雨続きだったが、入院後は晴れ間が戻り連日の30℃、多少暑くても陽射しがアリガタイ
羽布団のカバーは新しくするつもりなので思い切って全て処分した

押し入れから懐かしいパッチワークの薄手の布団が出て来た、何度も処分しようかと思ったが
息子の幼稚園の入園までにと頑張って作った布団なので取っておいた、息子もオジサンになったが
懐かしいねと言った (^_^) 早速洗濯機で洗って乾かした、今この根気はないなぁ...

買いだめした古い生地は折り畳んだ所が焼けてしまい処分、この先使わない生地も同様に処分した
可燃ゴミの回収日に合わせて断捨離するのが良い、スチールの本棚の本は全て私の趣味の本ばかりだ
主人は読書家だが、結婚して以来本は買わず図書館を利用している、読後の処分を考えての事だった

昨日は主人から連絡があり病院に出かけた、持って来て欲しい物は、爪切り、ハサミ、長袖のTシャツ
木綿の長袖シャツ、塩こんぶ、フェイスタオル、提出する書類があるので説明をするとのこと

地下鉄とバスの時刻表を調べて出かけたら1時間10分で病院に着いた、「チコちゃんに叱られる」は
病室の向かいの食堂で見たらしい、食堂には冷水と温水の出る給水器があり自由に飲めるようだ
病室から食堂に移動して話をした、提出する書類には記入する箇所に鉛筆でマーキングしてあった

私の膝の事もあるので、用事がある時は連絡するから頻繁に病院に来なくてもいいと言われた
洗濯物は下着類とタオルなので、月に2回くらいで十分とのこと...気を使ってくれてるのかな
帰りはエレベーターに乗るまで見送ってくれた、ゆっくり養生して欲しいと思う

青空に眩しい日差し、これだけで気分が⤴する、そして...ジッとしてはいられない(笑)
ベランダの陽射しが室内まで差込む様になっていた、夜の空気も少しひんやりして秋めいて来た




■40年物のパッチワークの布団、息子の記憶にも残っているようで、ちょっとウレシイ (^_^)

b0027736_12291842.jpg



■保存食のドライカレーは茹で玉子を加えて量増し、合い挽きミンチ500gもあっという間に食べ切った

b0027736_19112978.jpg




by syumizin | 2018-09-17 22:35 | 暮らし